婦人

大人な女性を演出してくれるロングドレスがお勧め

  1. ホーム
  2. 結婚式を彩る

結婚式を彩る

婦人

注目度満点

海外の結婚式ではよく見られることであり、日本でも新婦の友人が数名で「ブライズメイド」を務めることが一般的となってきています。ブライズメイドとは、新婦のブーケを持ったりドレスの裾を直したり、結婚式の補助的な役割を行います。最近は、ハワイやヨーロッパなどの海外で結婚式を行う人も増えており、ブライズメイドのような海外の風習を取り入れることが人気となっています。日本でのブライズメイド役は、結婚式での補助的な役割はもちろんですが、お揃いのドレスを着て、結婚式に華を添えるという意味合いが大きいようです。ブライズメイドのドレスは、グリーンやピンクなどパステルカラーが人気で、結婚式を華やかに彩ってくれる演出ともなっています。

役割とドレス

ブライズメイドは、新婦の友人3名から5名程度が行うことが多く、特徴としては、結婚式のお手伝いが主な役割となっています。もう一つの特徴は、お揃いのドレスを着ることであり、新婦の純白のドレスと同じ色を選ぶことは厳禁であり、それが暗黙の了解となっています。白以外の色から、お揃いの色を選ぶことが一般的であり、多少のデザインの違いで個性を出すこともあるようです。ブライズメイドは、結婚式を盛り上げたりゲストを楽しませたり、ブライズメイド自身も楽しめることが、ブライズメイドの良さでもあります。海外から始まった風習ですが、日本でも知名度が高くなってきており、ブライズメイド用のドレスもあるほど人気となっています。